世界三大ピアノとは?

世界三大ピアノとは

世界でこれまでにピアノブランドのうち、特に歴史や由緒、また名だたる音楽家より絶大の信頼と評価を得てきた最高峰ブランドである、スタインウェイ&サンズ(STEINWAY&SONS)、ベーゼンドルファー(Bosendorfer)、ベヒシュタイン(C.BECHSTEIN)の3つのブランドは、「世界三大ピアノブランド」といわれています。

世界三大ピアノブランド説明ページ

スタインウェイ&サンズ


「世界最高峰のピアノを作る」という理念のもと頂点に君臨し続ける、ピアノのトップメーカー。

ベーゼンドルファー


オーケストラを思わせる響き「ウィンナー・トーン」を持つ、“音楽の都”ウィーンの芸術的ブランド。

ベヒシュタイン


“ピアノのストラディバリウス”といわれる、音の透明感が素晴らしいドイツ最大のブランド。

最高のピアノについて

最高のピアノとは

選び抜かれた最適な素材と、製作者の崇高な理念や世界観を持ち、そして数々の優れた技術やクラフトマンシップの結晶として、最高のピアノが生み出されます。

愛奏する人との一体感を生み、表現したい音のフィーリングをイメージ以上に美しく表現できるピアノであり、人に幸せと歓びをもたらすピアノこそが最高のピアノと言えます。

また、将来の世代にも継承されていくべき最高のピアノは、次のような価値を備えています。

音色

一般のピアノとは一線を画す、五感を刺激する魅力ある響き。

嵐を彷彿させるようなフォルティッシモと小鳥のさえずりのようなピアニッシモを奏で、浸透性や膨らみがあり、心身の琴線に触れる音。

タッチ

反発が少なく、なお且つレスポンスの良い、ダイナミックなフレーズから繊細なフレーズまで自在に操ることができるタッチ。

美しさ

圧倒的な技や超絶技巧が造り出した、優れたデザインや存在感。 木目やデザインなど、時代を超えた現代性と優雅な美しさを備えた美術工芸品であること。

品質

膨大な数のピアノより厳選され、なお且つ最高レベルの調整・メンテナンスが施され最良のコンディションであること。

歴史

スタインウェイ&サンズなどのピアノ製造史を築いてきたメーカーが有する歴史あるブランド性や、時代を超越して受け継がれてきた芸術性、演奏性を持つピアノであること。

個性

卓越した技術と美意識によって、音やタッチ、デザインにおいて高いオリジナリティや希少性を持つピアノであること。

グランドギャラリー東京インドアビュー

グランドギャラリー東京店内の様子がご覧いただけます。

ページ上部へ戻る